HySTRAが目指すもの。
石油や天然ガスと同じように、
水素が一般的に利用される「水素社会」。

HySTRA

HySTRAとは

技術研究組合CO2フリー水素サプライチェーン推進機構

褐炭を有効利用した水素製造、輸送・貯蔵、利用からなるCO2フリー水素サプライチェーンの
構築を行い、2030年頃の商用化を目指した、技術確立と実証に取り組む企業団体。

水素サプライチェーン

豪州と日本におけるパイロット水素サプライチェーン実証事業

豪州ラトロブバレーでの褐炭ガス化・水素精製、ヘイスティングス港での水素液化・液化水素貯蔵、豪州から日本への液化水素海上輸送、日本での液化水素荷役を2020年~2021年に実証します。

水素サプライチェーン

HSEへの取り組み

HySTRAは実証事業を推進するにあたり、
HSE、すなわち健康(Health)・安全(Safety)・セキュリティ(Security)・環境(Environment)を重視しています。